遊びながら学び、そして受験!

お肌の乾燥に効くのはセラミドなどの保湿成分

肌荒れに一番大きく関係しているのはお肌の乾燥です。お肌の乾燥を補うには、化粧水をしっかり使えば大丈夫という思い込みをしている方が多いのですが、実は大切なのは保湿成分を補うことです。化粧水の成分はほとんどが水分で、水分はそのままでは蒸発してしまうため、単に水分を補っただけでは肌はますます乾燥していくのです。詳しくはセラミド 化粧品にアクセスしてください。

 

ではどんな化粧品を使えば良いのかというと、保湿成分の配合された化粧品を使うことが必要なのです。
私たちの肌を乾燥から守ってくれるのは角質細胞間脂質で、その中でもセラミドが重要なのです。セラミドは年齢と共に減少していきますので、セラミドやヒアルロン酸などを補うのが正しい保湿なのです。水分を維持するために保湿成分を補うことで、肌の保水力が高まります。詳細はこちら→セラミド 化粧品をご覧ください。

 

基礎化粧品のなかでの化粧水の役割は、ビタミンC誘導体を補うことに有効です。ビタミンC誘導体は保湿と言うよりは、お肌の新陳代謝の向上につながる成分で、シミやくすみに効果があります。保湿成分と合わせて使用するとさらに良いですね。